2014年6月18日の登山道の状況

2014年の入山開始日は6月24日(火)と決まりました。
雨竜町より入山日を確定するための調査登山の画像を入手いたしましたので掲載いたします。入山日開始以降の登山の参考としてください。
雨竜沼湿原に到る登山道で残雪が大きく残る箇所は渓谷第ニ吊橋手前と水場周辺です。
140618渓谷第2吊橋周辺の残雪渓谷第二吊橋手前の残雪状況です。登山道が残雪に覆われているためこの上を通過することになります。比較的平坦ではありますが、注意して通行してください。
140618水場周辺の残雪水場(旧水場)の残雪状況です。一部の残雪が登山道にかかっています。
なお湿原内木道は全て出ていますが、木橋など積雪による破損のため通過に多少難があるところがあります。注意して通行してください。
展望台入口から南暑寒岳に向けては残雪が残っており、また雪融水が流れてぬかるみにはまるような箇所もありますので注意が必要です。
※参考:約2週間前・6/5調査時の水場の残雪状況です。この時点では登山道は完全に雪に覆われていました。
140605水場周辺の残雪

雨竜沼湿原ゲートパーク融雪情報

雨竜町役場産業建設課の調査による雨竜沼湿原ゲートパークの融雪状況をお知らせします。
管理棟付近 キャンプ場炊事場
参考値
(2013年同時期)
参考値
(2012年同時期)
3月25日 140325管理棟
140325キャンプ場炊事場
設置メジャーでの積雪深
3m30cm
4m30cm 3m40cm
4月22日 140422管理棟
140422キャンプ場炊事場
設置メジャーでの積雪深
2m10cm
3m30cm (未計測)
雨竜町によると、一昨年(2012年)3月28日現地確認時の3m40cmとほぼ同水準に推移しているものと考えられ、今後安定した天候により順調に融雪が進むものと仮定した場合、早ければ一昨年と同じ頃の6月下旬に山開きを迎えらそうだとの見解です。
なお山開きの日程が決まり次第、当webサイトでも掲載していきます。
 

| 1/1PAGES |